« 一周年 | トップページ | パワーウインドの修理 »

2007年6月 3日 (日)

CRC 5-56

Crc556

KENTA さんのブログを見て、運転席側の窓ガラスを下げてからCRC 5-56をゴムの隙間から注入してみました。CRC 5-56のノズルがゴムの隙間に落ちてしまうというハプニングがありましたが、窓の開閉動作が前よりできるようになりました。中のギヤが折れていて、もう ダメだと思っていたので、試してみて良かったです。

|

« 一周年 | トップページ | パワーウインドの修理 »

コメント

遅コメントですが・・・
CRC5-56はゴムとかプラ関係に付着するとヤバいです!
特に画像のノーマル缶は付着して時間が経つとゴムが割れてくるかも・・・。。。(拭き取れば大丈夫ってKUREのHPにありましたが)
KUREによると無香性(水色)などだとプラ関係でも使えるようです。
こういう使い方(窓とゴム部品の潤滑)の場合はシリコンスプレーとかの方が危険が少ないと思います。(CRCはグリスを溶かしますから,ウィンドウレギュレータのグリス切れとかを引き起こす可能性もありますし。)

投稿: MercuRyo(仮) | 2007年6月27日 (水) 午後 04時46分

手元にあったので、取りあえず使いましたが、
CRC5-56って、シリコンスプレーと違うんですね。

いまのところ、大丈夫です・・・。

投稿: tamaru | 2007年7月 1日 (日) 午後 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/15304502

この記事へのトラックバック一覧です: CRC 5-56:

« 一周年 | トップページ | パワーウインドの修理 »