« 砂時計 | トップページ | 新着CD 中島美嘉 »

2009.05.11

御岳美術館

Ca390554

先週のことだが、奥多摩の御岳美術館に行ってきた。高村光太郎の「手」の彫刻などが展示してある。小さな美術館だが見応えがある。二階に展示してあった山口薫の昭和7年制作の油絵「ニースのカーニバル」がとても印象的だった。昭和初期の暗黒の時代にあのような絵がよく描けたものだと思う。多摩の画家倉田三郎の言葉が心に残る。「すべての物事は、それぞれが呼応して存在しており、一つ一つの存在理由がある。」

今日は、2009年5月11日月曜日です。 今日まで 2783 日間、禁煙継続中!

|

« 砂時計 | トップページ | 新着CD 中島美嘉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/44948213

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳美術館:

« 砂時計 | トップページ | 新着CD 中島美嘉 »