« 天使と悪魔 | トップページ | プレゼント »

2009.05.21

海辺のカフカ

Ca390620

村上春樹さんの小説「海辺のカフカ」の上巻を読んだ。不思議な小説だった。戦時中に山梨の山中で子供達と奇妙な体験をする女性教師の話、家出して四国に行く15歳の男の子の話、猫と話が出来る老人の話。 その三つの話が何の脈略もなく、交互に登場する。どこで三つがつながるのかと思って、ずっと読んで行くと、最後のところで三つの話をつなぐメタファーが登場し、ようやく微かに接点が見えて来る。下巻に続く新たなストーリーの展開が楽しみだ。

今日は、2009年5月21日木曜日です。 今日まで 2793 日間、禁煙継続中!

|

« 天使と悪魔 | トップページ | プレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/45068935

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のカフカ:

« 天使と悪魔 | トップページ | プレゼント »