« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.29

シンガポール料理

Ca390817_2

シンガポールから帰ってきて、はや4ヶ月。ちょっと懐かしくなって、シンガポール料理を食べに行った。入り口の雰囲気はシンガポールだが、なにかが違う。


Ca390818_2

前菜のポピアン。こんなのは、シンガポールでは食べなかった。


Ca390819_2

シンガポール料理と言えばサティー。


Ca390820_2

空芯菜。ちょっと辛いけど、美味しい。


Ca390821_3

最後は、ナシゴレン。


今日は、2008年10月29日水曜日です。 今日まで 2589 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

アップルストア

Ges2321_2

アップルストアでお買い物をしようとしたら、サービス停止中だった。何か変わるのだろうか。

今日は、2008年10月28日火曜日です。 今日まで 2588 日間、禁煙継続中!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.22

トスカーナの休日

Ca390798001

DVDで映画「トスカーナの休日」を見た。離婚して一人ぼっちになったアメリカ人女性のイタリアへの逃避行から始まる自分探しの映画だ。まったりしていて良い映画だった。人と人の出会いの意味と自分の気持ちに正直に生きることの大切さを教えてくれる。イタリアの田舎の景色が美しい。

今日は、2008年10月22日水曜日です。 今日まで 2582 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

シカゴ

Ca390766001

ミュージカル「シカゴ」を見てきた。ブロードウェイで見たのと少しストーリーが違うような気がするが、日本語なので内容はよくわかった。和央ようかさんの歌と踊りが素晴らしい。さすがに、元宝塚だけのことはある。

今日は、2008年10月15日水曜日です。 今日まで 2575日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

iPod nanoのアルバムリスト

Ca390755

iPod nanoのアルバムリストを表示すると同じアルバムが繰り返し表示されるようになってしまった。iTunesでみると、同じ名前のアルバムが小文字と大文字の英文字で二つある。原因はこれだろうと推測して、小文字の方のアルバム名をsongs から songに変更したら直った。これって、iPodのバグではないだろうか。

今日は、2008年10月12日日曜日です。 今日まで 2572 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.11

HP 2133 6セルバッテリー

Ca390753001_2

HP 2133のオプションの6セルバッテリーを購入した。動作時間は3〜4時間くらいに伸びる。おしりが持ち上がって、キーは打ち易くなったが、重くなってしまった。液晶画面に張るアンチグレアタイプ保護シートも買った。多少画面の映り込みが少なくなった。

今日は、2008年10月11日土曜日です。 今日まで 2571 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

林住期

Ca390741001

五木寛之さんのエッセイ「林住期」を読んだ。人生の50歳から75歳をもっとも輝かしい時期、すなわち、林住期と捉えて、その林住期をどう生きるかと言うことを教えてくれている。50歳になったら、自らの人生をジャンプする。仕事に一区切りつけて、日常を離れた次元で考える時期だと。 そして、林住期には、スリムな生活をめざし、独りになることが必要だという。つまり、生きるために生きることが必要だと諭している。よくわかるげど、現実には難しいと思う。
林住期の体調管理として、食べることと、呼吸法の大切を説いている。具体的にどうすれば良いのかは書かれていないが、それは、自分で考えろってことだろう。何年も咳がとまらなかった女性に呼吸方法のアドバイスしてあげたら、咳が止まった話は、呼吸法の大切さを実例を上げて教えてくれている。

最後の章に五木寛之さんが少年時代を韓国で過ごし、終戦をソウルでむかえた話が書いてある。五木寛之さんの文学の原点がここにあるような気がした。

今日は、2008年10月10日金曜日です。 今日まで 2570 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

約束の冬 下巻

Ca390709001

約束の冬の下巻を読んだ。ストーリーの展開が面白くて、一気に読み終えた。下巻になって、10年前に高校生が7歳も年上の女性と交わした「約束」の話から、その少年の父親、そして、少年と約束を交わした女性の留美子と留美子の友人の小巻の話へと移っていく。それぞれのストーリーの中で、この本の題名の「約束」と言う言葉がいくつか登場する。留美子は小巻との会話の中で、「私、約束ってのは、心の中でするものだと思うようになったの」って。そして、「約束ってのは、命がけで果たすもんだ…」って、言うのだった。最近、涙もろくなったのかも知れないが、読んでいて涙が出てきた。 心理学的には、涙を流す効用として「浄化」と「再生」というそうだ。
この小説に出てくる人物は、みな自分に忠実で、他人に対しても誠実だ。自分もそのように生きてみたいと思う。この小説は「約束」の大切さや意義について教えてくれる。

今日は、2008年10月5日日曜日です。 今日まで 2565 日間、禁煙継続中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »