« iPod touchのソフトウェアアップグレード | トップページ | 女はなぜ突然怒り出すのか? »

2008.01.25

市場主義の終焉

Ca390633

岩波新書の「市場主義の終焉」を読んだ。少し前に出版された本だが、今ころ読んだ方が作者の見通しが正しかったかどうかわかると思い読んでみた。
作者の言いたいことは、序章の最後に書かれている「この国の構造をアメリカ型に作りかえてみても、21世紀のファースト・ディケードの時代文脈にふさわしくない。」につきる。作者は市場主義改革の断行により格差社会が訪れることを予測している。
第3章で日本形システムの改革について述べている。ポスト工業化に向けて、日本形システムの改革が必要だが、日本の教育、行政や制度は工業化には適しているが、脱工業化には、適していないと言う。
IT化の進展は方向性としては良いが、IT化により生ずる負の効果を是正すべく、様々な政策が必要だと説いている。ではどうすれば良いかということに関しては、「第三の道」改革を同時に進行するというだけで、具体性に欠けるが、その通りだと思う。

今日は、2008年1月25日金曜日です。 今日まで 2311 日間、禁煙継続中!

|

« iPod touchのソフトウェアアップグレード | トップページ | 女はなぜ突然怒り出すのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/17797715

この記事へのトラックバック一覧です: 市場主義の終焉:

« iPod touchのソフトウェアアップグレード | トップページ | 女はなぜ突然怒り出すのか? »