« MAC POWER復活版 | トップページ | ニュースの読み方使い方 »

2007.12.18

あほらし屋の鐘が鳴る

Ca390409

文春文庫の「あほらし屋の鐘が鳴る」を読んだ。「おじさんマインドの研究」をおじさんの一人として、女性評論家がおじさんをどの様に研究しているのか、興味深く読んだ。痛烈なおやじ批評の本だ。評論家の常だが、少し上げ足取りで、こじつけっぽいところもある。全体に女性ならではのひがみが根底にあるような気がした。痛烈なブラックユーモアだとは思うけど。他人の書いた文章を批評することでメシを食っているので、仕方ないと思うが、正直そこまで、頑張らなくてもと思う。男は大ざっぱで、いい加減だから、そんなとこまで考えていません。
「おじさま」に対して、正論もあるし、そう言う見方もあるのかなとは思ったけれど、「おじさま」といっぱひとからげにして、一般論として、評価されてもなあ〜。というのが、正直な気持ちだ。まあ、後書きのところで、「あほらし屋はおまえじゃ」に対してその通りって、書いているから、許せるけど。例えば、おじさんは、皆がみんなスポーツマンに憧れて、公務員になりたがっていたわけではない。しかし、「BC!な話」を読んで、面白い、半分そうなんだって、思っていた自分は典型的な「おやじ」かもしれない。

ふと思ったこと。「おじさん」に対しては、「おばさん」と言う言葉があるのに、「おやじ」に対する言葉が無いのは何故だろう。

今日は、2007年12月18日火曜日です。 今日まで 2273 日間、禁煙継続中!

|

« MAC POWER復活版 | トップページ | ニュースの読み方使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/17403072

この記事へのトラックバック一覧です: あほらし屋の鐘が鳴る:

« MAC POWER復活版 | トップページ | ニュースの読み方使い方 »