« Windows版サファリ | トップページ | Mac Fan 8月号 »

2007.07.13

思考の整理学

Shikou

すこし前にTB_Idea_Notesで紹介されていた「思考の整理学」を読んだ。タイトルからすると、なんか難しそうな本のような気がしたが、そうでもなかった。はじめのところは、現実に対してもの凄く批判的で、書いてあることの論理が、少しこじつけぽい気がする。いかにも学校の先生が書いたという表現になっている。学校教育を飛行機とグライダーの違いに例えているのは、なるほどと思ったが、書いてあることは妙に理屈ぽい。

今の学校教育が必ずしも良いとは思わないが、知識は必要だし、英才教育が良いとも思わない。オリジナルな発想は大切だが、物作りとかの例で言えば、新しい発想はその知識の上に成り立つものだと思う。学校教育を否定しながら、本人は大学教授と云う自己矛盾に落ちいっているが、学生に自ら学ぶ方法を教えていると云うのは、いかにも皮肉だ。

III章の新聞のスクラップの方法とかカードノートの方法とかは、今では、パソコンを使った方が簡単で効率的だ。1986年に初版発行の本なので仕方ないが、本の最後のところでは、コンピュータの出現により、創造的思考がますます重要になると予測している。アイデアは寝かせとくと良いとか言う話は、そうだと思う。。
IV章あたりからは内容が平易になって、具体的で、なるほどと思えるようになる。「すてる」や「とにかく書いてみる」なんかは、作者の実体験にもとづいていると思える。

今日は、2007年7月13日金曜日です。 今日まで 2115 日間、禁煙継続中!

|

« Windows版サファリ | トップページ | Mac Fan 8月号 »

コメント

ちょっと、古いかなぁ・・、て気がしました。
ポジティブシンキングの茂木健一郎さんとか
の方が好きかも・・です。

投稿: tamaru | 2007.07.15 21:04

確かに「教育者」な視点が散見されますし、
「いまとなっちゃあ」というところも...

コンピュータ時代の人間の存在意義。

思考の整理≒忘れること。
たしかに、これだったら、コンピュータに勝
てるかも...

投稿: tbmaster | 2007.07.15 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/15721457

この記事へのトラックバック一覧です: 思考の整理学:

« Windows版サファリ | トップページ | Mac Fan 8月号 »