« Office v.X ソフトウェアップデート | トップページ | 久しぶりの更新 »

2007.02.02

まともな人

Matomonahito

養老 孟司さんのエッセー集「まともな人」を読んだ。養老さんの本は、「バカの壁」や「解剖学個人授業」も読んだことがある。「バカの壁」は書いてあることはもっともなんだけど、文体が読者を少しバカにしたような書き方で、あまり好きにはなれなかった。この本も多少そんなところがあるが、流石に元東大の先生、書いてあることは、なるほどって思う。特に理系のテーマに関しては洞察が鋭い。

「学問とは文武両道である」に書いてある。「いまどきの若い医師は診察が終わるまで、パソコンと紙しかみない。」というのは、自分でも経験した。養老さんは、その理由として「大学では医学を教え、それは経済学と同じで、そこには生きた人間、つまりたえず変化する、奇妙で猥雑なもの、そんあものが入り込む余地はない。」と説明している。そうかも知れないけど、じゃあ、医学は教えなくていいのだろうか。医学の進歩なしには、現在の人類の生活環境は、なかったと思うのだが。学問だけでも良くないけれど、全てのことはバランスが肝心だと思う。

今日は、2007年2月2日金曜日です。 今日まで 1954 日間、禁煙継続中!

|

« Office v.X ソフトウェアップデート | トップページ | 久しぶりの更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/13740398

この記事へのトラックバック一覧です: まともな人:

« Office v.X ソフトウェアップデート | トップページ | 久しぶりの更新 »