« CEATEC JAPAN 2006 | トップページ | NeoOfficeのイントール »

2006.10.05

ヤバいぜっ! デジタル日本

Book_takashiro

高城 剛さんの「ヤバいぜっ! デジタル日本」を読んだ。「人は質を求めているのではなくて、新しい環境の提案を求めている」とか、「漫画は、日本のコンテンツ・ビジネスの中核をなしている」など、なるほどと思うことが沢山あったが、「ゲーム業界に未来はない」とか、「WEBでは、もはやデザインは二の次とか」理解出来ないところもあった。

ITやデジタルはもう終わったという。じぁあ、次は何だ?CT(カルチャーテクノロジー:文化技術)だそうだ。韓国では、ITではなく、すでにCTを国家戦略としてプッシュしているそうだ。確かに技術だけでダメで、国家レベルでの新しい文化を創造するブランド戦略は大事だと思う。コピーは悪だろうか?って問いかける。知的財産の著作権の一定開放という考えには、賛成だ。いくらCCCDでコピーしにくくしてもiPoDには勝てない。どんな時代でも次世代記憶メディアはコピーしやすいほうが勝つと言う。次世代DVD規格のブルーレイとHD一DVD戦争もわざとコピーしゃすくしたほうが勝つ可能性が高いと。一理あると思う。

今日は、2006年10月5日木曜日です。 今日まで 1834 日間、禁煙継続中!

|

« CEATEC JAPAN 2006 | トップページ | NeoOfficeのイントール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/12165614

この記事へのトラックバック一覧です: ヤバいぜっ! デジタル日本:

« CEATEC JAPAN 2006 | トップページ | NeoOfficeのイントール »