« ノート | トップページ | 三社三様 »

2006.05.18

星々の舟

Hoshihoshi

村山由佳さんの小説「星々の舟」を読んだ。長編でしかも、途中で読むのを中断したので、読み終えるまでに、かなり、時間がかかってしまった。6つの章に別れていて、それぞれに、悩みを持った家族の生活が描かれているが、家長である戦争経験者の重之の思いが描かれている最後の章が一番印象的だった。あとがきで、作者自身が「人が人として幸せであるために最低限必要なことは、もしかして自由であることなんじゃないか。」と語っていることが、この小説の全てを表しているような気がする。家族との関わりの中での自由、あるいは、社会との関わりの中での自由を大切にしていくこと、すなわち、自分の信念に忠実に生きていくことの難しさを教えてくれる。

今日は、2006年5月18日木曜日です。 今日まで 1694 日間、禁煙継続中!

|

« ノート | トップページ | 三社三様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/10136224

この記事へのトラックバック一覧です: 星々の舟:

« ノート | トップページ | 三社三様 »