« イヤフィットヘッドホン | トップページ | AirMac Express Firmware Update »

2006.01.09

あの日にドライブ

Anohini_Drive

萩原浩さんの小説「あの日にドライブ」を読んだ。どこかで聞いたことのあるようなタイトルの小説だ。一流銀行の銀行員の牧村伸郎は、上司とのちょっとしたいざこざから、銀行を辞めてしまう。銀行を辞めた伸郎は、公認会計士を目指しながらも、取り合えずの職業として、タクシードライバーを選ぶ。慣れない仕事に伸郎は、自分の人生はこんな筈じゃなかったと嘆くのだった。そして、あのとき、こうしていれば、違う人生があったかも知れないと悔やみ、「二十年前の自分の日々がそこにあった。」と過去を振り返るのだった。銀行員からタクシードライバーに転じた主人公をおとして、サラリーマン人生の悲哀がよく描かれている。「人生は一本道じゃない。曲がり角ばかりの迷路だ。」と主人公が述べているように、人が日々、何気なく決めていることが、その人の一生を大きく左右することもあるのだ。しかし、人生は決して過去にあと戻りすることはできない。

今日は、2006年1月9日月曜日です。 今日まで 1565 日間、禁煙継続中!

|

« イヤフィットヘッドホン | トップページ | AirMac Express Firmware Update »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/8079196

この記事へのトラックバック一覧です: あの日にドライブ:

« イヤフィットヘッドホン | トップページ | AirMac Express Firmware Update »