« RD-H1の設定 | トップページ | 新着CD NANA »

2005.10.04

センセイの鞄

Sensei

川上 弘美さんの小説「センセイの鞄」を読んだ。定年を過ぎた元高校の国語教師が、30歳を過ぎた教え子の独身女性のツキコと街の居酒屋で偶然出会うところから物語が始まる。歳が離れていて高齢なので、お互いに恋人どうしという感情はない。かといって、単なる元先生と教え子の関係でもない。いつも淡々としているセンセイにツキコは段々と心を引かれて行く。なんとなく、微妙な男女の関係をツキコの心理描写を通じてうまく表現している。しかし、結末は悲しい。

今日は、2005年10月4日火曜日です。 今日まで 1468 日間、禁煙継続中!

|

« RD-H1の設定 | トップページ | 新着CD NANA »

コメント

はい、正解でした。良い本ですね。
センセイと生徒の関係って中々微妙ですね。
この小説はそのあたりを旨く書いてあると思います。

投稿: tamaru | 2005.10.06 23:55

あ、やっぱり・・・
私、正解だったんですね♪
「センセイの鞄」私も前に読んだことがあったので、わかりました!!

投稿: yukiyo | 2005.10.06 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/6243090

この記事へのトラックバック一覧です: センセイの鞄:

« RD-H1の設定 | トップページ | 新着CD NANA »