« もものかんづめ | トップページ | Toast 7 »

2005.10.13

RD-H1 DVD Videoの作成

clip1

まだ試行錯誤中であるが、RD-H1から「ネットdeダビング」で取り込んだ録画ファイルを「MPEG Streamclip」と「iDVD」を使って、DVD Videoにすることができた。「MPEG Streamclip」は、MPEG1やMPEG2のファイルを映像と音声に分離、合成したり、QuickTimeやDVストリームなどに変換することができるフリーソフトだ。


clip2

「MPEG Streamclip」のファイルメニューからExport to DVを選択して、DV Exporterの画面を開く。


clip3

DV Exporterの画面の設定は、デフォルトのまま使用した。Make DVのボタンを押すとDVファイルへの変換作業が始まる。ファイル変換には、相当の時間を要する。変換が終わると拡張子がdvのファイルができあがる。「ネットdeダビング」で取り込んだ3.86GBのvodファイルが、なぜか22.91GBの巨大なdvファイルになった。


iDV1

出来上がったdvファイルをiDVのマップ画面にドロップして、作成アイコンをクリックすると、DVDの作成作業がスタートする。DVDができあがるまで、こちらもかなりの時間がかかる。こうして、とりあえず、DVDプレーヤーで再生できるDVD Videoができあがった。

今日は、2005年10月13日木曜日です。 今日まで 1477 日間、禁煙継続中!

|

« もものかんづめ | トップページ | Toast 7 »

コメント

もしDVD Studio Proをお持ちであれば、MPEG StreamclipでM2VとAIFFに分離、これをそのままDVD Stuido ProにInportすれば、MPEGデコード -> DVエンコード -> DVデコード -> MPEG再エンコード、というプロセスを経由せずに、MPEG2のままで再利用されますので画質劣化が無い上に、処理時間が極端に短くなるメリットがありますよ。

音声の方はAIFFのままでも読み込めますし(16ビットリニアPCMになります)、A.Packを使ってAC3(Dolby 2ch)に再エンコードして小さくする手もあります。

ご参考になれば。

投稿: CinemaG4 | 2007.10.22 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/6360481

この記事へのトラックバック一覧です: RD-H1 DVD Videoの作成:

« もものかんづめ | トップページ | Toast 7 »