« 新着CD SEVEN | トップページ | 新着DVD 中島美嘉 »

2005.08.05

神様のボート 

Kamaisama

絵國香織さんの神様のボートを読んだ。「信じてほしい。一瞬でも疑わないでおれは必ず葉子ちゃんを探しだす。どこにいても。すこしのあいだ離れなくちゃならないけど、どこにいても一緒だし、かならず戻ってくる。すぐに。」と言う、夫のことばを信じて、関東の地方都市を数年おきに転々と引越しする母の葉子と娘の草子の物語。私という主語が、段落ごとに母であったり、娘であったりするので、読み始めたときは、物語を理解するのが大変だった。作者は、あと書でこう述べている。「小さな、しずかな物語ですが、これは狂気の物語です。そして、いままでに私の書いたもののうち、いちばん危険な小説だと思っています。」作者は、この母と娘の会話とおして、人生のなんらかの教訓を読者に訴えたかったのだと思うが、難しくてよくわからなかった。

今日は、2005年8月5日金曜日です。 今日まで 1408 日間、禁煙継続中!

|

« 新着CD SEVEN | トップページ | 新着DVD 中島美嘉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/5327423

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のボート :

« 新着CD SEVEN | トップページ | 新着DVD 中島美嘉 »