« ルオー展 | トップページ | すいかの匂い »

2005.06.07

憧れのまほうつかい

Mahoutukai

さくらももこさんのエッセー「憧れのまほうつかい」を読んだ。ももこさんに感動を与えた素敵な絵本「おどる12人のおひめさま」との出会から、47才でガンのために亡くなってしまった「おどる12人のおひめさま」の作者である絵本画家ル・カインへの思いから、さくらももこさんが、彼が暮らしていたイギリスを訪ねて行き、ウェジウッドの町を訪ねたり、ル・カインと交流のあったイギリス人の家を訪ねたりする英国旅行記である。イギリスの料理は紅茶を除いては、ももこさんの口に合わなかったようだ。
「イギリスに旨いもの無し」とも言われている。イギリスに行ったことはないが、本当は、そんなことはないのだと思う。単に日本人の味覚とイギリス人の味覚の違いから、日本人の味覚に合わないだけだと思う。日本にある外国料理のレストランの味は、ほとんどの場合、日本人向けにアレンジしてある。イギリス料理に限らないが、その国の料理の本当の味は、現地で1ヶ月くらい毎日、現地の人といっしょに、その料理を食べて一度おなかを壊すくらいでないと、好きにはなれない。

今日は、2005年6月7日火曜日です。 今日まで 1349 日間、禁煙継続中!

|

« ルオー展 | トップページ | すいかの匂い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/4415513

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのまほうつかい:

« ルオー展 | トップページ | すいかの匂い »