« 東京下町グルメ | トップページ | おしゃれなUSB HUB »

2005.05.03

ジャンク PowerBook PISMO

PISMO_1

ヤフオクで落札した PowerBook G3 400MHz PISMOが到着した。電源が入らないジャンク品だったので、相場よりかなり安く落札できた。ACアダプタをつないで電源ボタンを押してみたが、電源入らず、説明通り。


PISMO_2

PISMOの場合、PRAMバックアップバッテリが消耗していると電源が入らない。キーボードを外して、CPUカードの手前にあるPRAMバックアップバッテリのコネクタを外し電源ボタンを押したところ見事に起動した。まずは、予想どおり。


PISMO_3

ハードディスクの容量はPISMOの標準の6GBだったが、メモリは320MBに増設してあった。ハードディスクとメモリを手持ちの容量の大きいものと交換することにした。キーボードを外した後、CPUカードを覆っているアルミ板を取り外す。


PISMO_4

CPUカードをヒートシンクと一緒にボードから取り外す。CPUカードの裏側はコネクタになっていて、CPUカードを真っすぐ上に持ち上げると取り外せる。ここが一番むつかしい。


PISMO_5

マザーボードからハードディスクのデータケーブルコネクタを外してからをマウンタ金具ごと取り外す。


PISMO_6

ハードディスクを手持ちの12GBのものと交換した。ハードディスクをマウンタ金具から取り外すときはトルクスドライバーが必要。


PISMO_7

メモリも裏面の64GBを取り外し、256MBと交換して合計512MBになった。最初に取り付けたiMacから取り外した256MBはなぜか起動音はするものの画面が出なかった。iBookでは動作が不調だったソフマップのジャンク256MBを試しに付けてみたら、PISMOでは順調に動いている。12GBのハードディスクにインストールしてあったパンサーから無事に立ち上がった。5年前のマシンでもまともに使えるのがMacのいいところ。

今日は、2005年5月3日火曜日です。 今日まで 1314 日間、禁煙継続中!

|

« 東京下町グルメ | トップページ | おしゃれなUSB HUB »

コメント

こすげさん、こんにちは。

お役に立ててなによりです。
tamaruは、住所録をPSIMOのOS 9で作ったので、
未だに、PSIMOが現役です。

久しぶりに電源を入れてみます。
起動するかな?

投稿: tamaru | 2010.09.06 19:23

こんにちは。
うちのPowerBook G3 が立ち上がらなくなり、にっちもさっちもいかず、ノジマに相談してアップルに修理に出そうというところでここのページを見つけ、PRAMバックアップバッテリのコネクタというのがどれかわからなかったものの、推定で外して電源ボタンを押したら起動しました。
どうもありがとうございます。

投稿: こすげ | 2010.09.05 21:19

なめそさん、コメント有り難うございます。
うちのPSIMOも起動しなくなってしまいました。そろそろ限界なのでしょうか。
お役に立てなくてすみません。

投稿: tamaru | 2008.06.29 20:24

OS 9とX の両方で起動できるこの機種を今も大事に使っていますが、数日前から電源が入りにくくなり、今日は全く入りません。
そのためネットで検索してこの生地を見付けました。
そして記載されているように電池を外してボタンを押してみましたが起動しません。マザーボードの不良でしょうか。
古い記事にもうしわけありません。

投稿: なめそ | 2008.06.23 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/3935981

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク PowerBook PISMO:

« 東京下町グルメ | トップページ | おしゃれなUSB HUB »