« iMacの液晶化計画その5 | トップページ | iMacの液晶化計画その6 »

2004.05.16

Caplio G4

G4買いました。といってもPowerBook G4ではなくて、RicohのCaplio G4のことです。デジカメは、CanonのPower Shot A40(200万画素、光学3倍ズーム)を使っていました。良い製品ですが、唯一近距離でピンぼけするのが難点でした。ホームページ用に1m前後の距離でこんな写真を多くとるので、マクロ機能が充実したデジカメを探していました。
Caplio G4を早速使ってみましたが、使いやすいです。操作ボタンや画面に表れるメニューが直感できでわかりやすく、良くできています。(以前、ソフマップで中古を買ったSANYOの製品はマニアルが無かったのですが、使い方がさっぱり分からず手放しました。)メモリカードは今まで使っていたコンパクトフラッシュではなくSDカードです。SDカードのリーダがないので、USBでマックとつないでいます。デジカメの電源を入れてなくてもUSBケーブルをデジカメにつなぐとデスクトップにG4がマウントされます。操作性は本当によくできています。うつり具合ですが、マクロはこんな感じです。ピントがあっていないときには、AFのランプが点滅して知らせてくれます。

View image

しかし1m 位の距離で写すと画像の両端が少し歪みます。画像の色合いもCanonとは一寸違った感じで、少し違和感がありますが、慣れていないせいかもしれません。全体としてはとても良くできていると思います。しかし、リコーの製品が人気がない理由はよくわかります。
宣伝していない。いくら良い製品でも宣伝しないと売れません。
デザインが最悪。レンズが極端に端にあり、全体にぼーとしていてしまりがない。
ラインナップが複雑。G3、G4、G4ワイドって何が違うの。
一般受けする特徴がない。1cmのマクロ撮影なんか普通の人は興味ありません。

これじゃ売れません。

今日は、2004年5月16日日曜日です。 今日まで 962 日間、禁煙継続中!


|

« iMacの液晶化計画その5 | トップページ | iMacの液晶化計画その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/605664

この記事へのトラックバック一覧です: Caplio G4:

« iMacの液晶化計画その5 | トップページ | iMacの液晶化計画その6 »