« The Japan Times | トップページ | ユンケル皇帝液 »

2004.04.08

夜間飛行

Keio_1.JPG

サンテグジュペリの夜間飛行を読みました。まだ飛行機が他の輸送機関に比べ絶対的に有利ではなかった時代に、南米のブエノス・アイレスを中心に危険を冒してでも夜間に定期便の飛行機を運行させる航空会社の支配人の物語です。サンテグジュペリは童話「星の王子さま」でも有名なフランスの作家ですが、航空機のパイロットでもありました。彼は、第二次世界大戦時の1944年に連合軍の偵察機の搭乗員として出撃したまま帰還せず、その消息を絶ったのでした。
そのサンテグジュペリの乗った航空機の機体の残骸がフランス南部マルセイユ沖の地中海で発見されたというニュースを偶然、昨日の新聞記事で読みました。
夜間飛行は航空会社の支配人リヴイエールの心の葛藤を描いた物語ですが、童話「星の王子さま」とは違って、小説として気楽に読むのには、とても難解な物語でした。

今日は、2004年4月8日木曜日です。 今日まで 924 日間、禁煙継続中!

|

« The Japan Times | トップページ | ユンケル皇帝液 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20948/413466

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間飛行:

« The Japan Times | トップページ | ユンケル皇帝液 »